ホーム 病気の話 勃起障害について

勃起障害について

以前はインポテンツと呼ばれていました。近年は勃起障害“ED”という表現が市民権を得てきています。性交のための十分な勃起を達成または持続出来ないことと定義されます。

どんな病気?

日本性機能学会の定義では、性欲、勃起、性交、射精、オーガズムのいずれかひとつでも欠けるか不十分なものを性機能障害といいます。このうち勃起が不十分または不可能なものを勃起障害といい、英語で”Erectile Dysfunction”略してEDと呼ばれます。

どんな症状?

性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態です。

原因は?

複数の原因があります。場合によっては複数が原因となっている場合もあります。

  • 薬剤性
  • ストレス、不安、うつなどの心理的な要因
  • 年齢 加齢とともに勃起障害になる割合は増えます
  • 糖尿病や心臓病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病
  • 脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などの神経に関係する疾患
  • 前立腺癌、膀胱癌、直腸癌の手術後
  • 通事故などによる脊髄損傷手術
  • 前立腺肥大、腎不全、陰茎の先天性の疾患など

診断と治療は?

勃起障害の診断は問診で行われます。国際基準となっている、“国際勃起機能スコア”という問診表をもとに行います。最近6ヶ月の状況を各項目の質問に答えてもらいます。内容は以下の通りです。

国際勃起機能スコア

1.勃起を維持する自信の程度はどれくらいありましたか。
非常に低い 1
低い 2
普通 3
高い 4
非常に高い 5
2.性的刺激による勃起の場合、何回挿入可能な勃起の硬さになりましたか。
性的刺激一度もなし 0
まったくなし、またはほとんどなし 1
たまに(半分よりかなり下回る回数) 2
時々(半分くらい) 3
おおかた毎回(半分よりかなり上回る回数) 4
毎回、またはほぼ毎回 5
3.性交中、挿入後何回勃起を維持することができましたか。
性交の試み一度もなし 0
まったくなし 、またはほとんどなし 1
たまに(半分よりかなり下回る回数) 2
時々(半分くらい) 3
おおかた毎回(半分よりかなり上回る回数) 4
毎回、またはほぼ毎回 5
4.性交中、性交を終了するまで勃起を維持するのはどれくらい困難でしたか。
性交の試み一度もなし 0
ほとんど困難 1
かなり困難 2
困難 3
やや困難 4
困難でない 5
5.性交を試みたとき、何回満足に性交できましたか。
性交の試み一度もなし 0
まったくなし、またはほとんどなし 1
たまに(半分よりかなり下回る回数) 2
時々(半分くらい) 3
おおかた毎回(半分よりかなり上回る回数) 4
毎回、またはほぼ毎回 5

1から5までの合計点数が21点以下の場合には勃起障害の疑いと診断されます。

治療法としては、薬の服用による治療が中心になりますが、注射療法・補助具による治療法もあります。
なお、治療は健康保険が適用されずに自由診療となります。