腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁

腹圧(おなかに力が入ったとき)がかかった際に尿が漏れしてしまう病気です。なかには過活動膀胱による切迫性尿失禁と合併している方もいます。

どんな病気?

女性に多くみられる尿もれのひとつです。本来おなかに強い力がかかった場合は骨盤底筋群という複数の筋肉が膀胱と尿道を支えることで、尿が漏れるのを防いでいます。しかし、腹圧性尿失禁はこの骨盤底筋群が弱いために、尿道をうまく締められなくなり失禁を起こす病気です。

どんな症状?

強い腹圧がかかる時に尿が漏れてしまいます。具体的には、

  • ・咳をする、くしゃみをする、笑う
  • ・ランニング、テニス、ゴルフなどのスポーツをする
  • ・重い物を持ち上げる
  • ・坂道や階段を昇り降りする

などがあります。

原因は?

全ての原因が解明されているわけではありませんが、骨盤底筋群の働きが悪くなる最大の原因は出産と言われています。特に難産や多産の場合はその危険性(リスク)が高まります。また、加齢、女性ホルモンの低下、肥満なども骨盤底筋機能低下の原因となります。

リスクとなる原因

  1. 出産回数(経膣分娩)
  2. 年齢
  3. 便秘
  4. 肥満
  5. 職業歴(腹圧がかかる仕事)

診断と治療は?

問診や検査によって診断します。

  1. 問診 以下の点を中心に確認します。
    • 出産歴、手術歴、婦人科疾患の有無
    • 便秘の有無
    • 尿失禁の状況
  2. 尿検査 排尿状態の確認になります
  3. 超音波検査 尿を作る腎臓や膀胱のチェックを行います
  4. パッドテスト
  5. 尿流動体検査 排尿状態、失禁をする際の膀胱尿道の機能を確認します

腹圧性尿失禁の治療の第一は、“骨盤底筋体操”です。弱った骨盤底筋を鍛えて臓器の位置を戻して、尿道や肛門を締める力やコントロールする力をつけることで尿漏れを防ぎます。この体操だけで効果が不十分な場合には、尿道を引き締める作用がある薬(β受容体刺激薬)などを用います。さらに手術療法として、尿道テープで固定する方法などを行っております。