骨盤臓器脱

子宮脱、子宮下垂、直腸脱、膀胱脱、尿道脱などの骨盤臓器脱は多くの女性が悩んでいるはずなのに恥ずかしさから受診が出来ずにいることが多いと考えられます。さらに、泌尿器科、婦人科、外科等のどの科にかかったらいいのか分からないで悩んでおられる方も多いようです。

どんな病気?

女性は男性と異なり膣があります。出産時に赤ちゃんが通るこの穴の周りを骨盤底筋群という筋肉が張られて、骨盤内の臓器(膀胱、子宮、直腸)が落ちないように支えています。この張った筋肉が収縮することによって尿や便が漏れない仕組みになっています。しかし、出産や加齢、肥満によって骨盤底筋群の働きが弱ると、尿や便が漏れたり、骨盤内臓器が膣から脱出することがあります。これが骨盤臓器脱です。

どんな症状?

個人差があり、軽傷の場合にはほとんど症状が出ないこともあります。しかし、骨盤臓器脱が進行するとその脱出した臓器に対応した症状が出てきます。すなわち、膀胱脱では、尿失禁や頻尿を認めます。膀胱脱が高度になると、逆に排尿困難を認める場合もあります(出口をふさいでしまうため)。直腸脱では便秘や排便困難が見られます。子宮脱では陰部に何か物があるような感じや、陰部が引っ張られているような感じがあります。脱が強度になると常に擦れて、脱がただれて炎症を来したりすることもあります。

原因は?

骨盤臓器脱の主な原因は出産です。しかし、継続的に腹圧がかかる状況にあることも大きな原因です。すなわち、立ち仕事、スポーツ、便秘、肥満などです。また、更年期や加齢なども大きな要因です。

診断と治療は?

骨盤臓器の診断は、

  1. 問診
  2. 尿検査
  3. 排尿日誌
  4. 婦人科内診
  5. 尿流動体検査 排尿状態、失禁をはじめ治療後の排尿状態を想定するために行います

骨盤臓器の治療は、大きく手術的な治療かそうでないかの2種類です

  1. ペッサリー
    リングペッサリーは、ドーナツ状の輪を膣の中に入れて脱を戻します。定期的にリング交換を行います。
  2. 手術療法
    手術にはいくつかの方法があります。骨盤臓器の症状や程度、患者さんの希望と合わせて相談によって決定します。

    • メッシュを使用した手術:膣をシート状のメッシュで補強する
    • 子宮の摘出:下がっている子宮を摘出する
    • 腹部からの手術:腹部より臓器が落ちないように糸やメッシュでつり上げる

等があります。