ホーム スタッフ 守屋 仁彦

守屋 仁彦

守屋 仁彦 Kimihiko Moriya

職歴

1991年03月
北海道大学医学部医学科卒業
1991年04月
北海道大学泌尿器科 入局
2002年03月
北海道大学大学院 卒業
2004年04月~
北海道大学大学院医学研究科腎泌尿器外科学分野 助手
2007年04月~
北海道大学大学院医学研究科腎泌尿器外科学分野 助教
2007年
トロント小児病院 留学
2012年04月~
北海道大学医学部病院泌尿器科 講師
2017年04月~
北海道大学大学院医学研究院腎泌尿器外科学教室 准教授

所属学会

  • 日本泌尿器科学会
  • 日本泌尿器内視鏡学会
  • 日本小児泌尿器科学会(評議員)
  • 日本アンドロロジー学会
  • 日本生殖医学会
  • 日本逆流性腎症フォーラム(運営幹事)
  • 米国泌尿器科学会海外会員
  • 日本小児内分泌学会
  • 日本脊髄障害医学会

資格

  • 日本泌尿器科学会専門医・指導医
  • 日本小児泌尿器科学会認定医
  • 日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
  • Console Surgeon using the da Vinci Surgical System

受賞歴

  • 2005年 第364回 日本泌尿器科学会北海道地方会賞
  • 2005年 米国小児科学会トラベルグラント
  • 2016年 第4回 日本小児泌尿器科学会優秀論文賞

主要論文

  • Moriya K, Kakizaki H, Tanaka H, Furuno T, Higashiyama H, Sano H, Kitta T, Nonomura K. Long-term cosmetic and sexual outcome of hypospadias surgery: norm related study in adolescence. J Urol. 2006 Oct;176(4 Pt 2):1889-92; discussion 1892-3.
  • Moriya K, Kakizaki H, Tanaka H, Mitsui T, Furuno T, Kitta T, Higashiyama H, Sano H, Nonomura K. Long-term patient reported outcome of urinary symptoms after hypospadias surgery: norm related study in adolescents. J Urol. 2007 Oct;178(4 Pt 2):1659-62; discussion 1662.
  • Moriya K, Higashiyama H, Tanaka H, Mitsui T, Nakamura M, Nonomura K. Long-term outcome of vaginoplasty with the bilateral labioscrotal flap. J Urol. 2009 Oct;182(4 Suppl):1876-81.
  • Moriya K, Mitsui T, Tanaka H, Nakamura M, Nonomura K. Long-term outcome of pituitary-gonadal axis and gonadal growth in patients with hypospadias at puberty. J Urol. 2010 Oct;184(4 Suppl):1610-4.
  • Moriya K, Mitsui T, Kitta T, Nakamura M, Kanno Y, Kon M, Nishimura Y, Shinohara N, Nonomura K. Early discontinuation of antibiotic prophylaxis in patients with persistent primary vesicoureteral reflux initially detected during infancy: outcome analysis and risk factors for febrile urinary tract infection. J Urol. 2015 Feb;193(2):637-42.
  • Moriya K, Nakamura M, Nishimura Y, Kitta T, Kanno Y, Chiba H, Kon M, Shinohara N. Factors affecting post-pubertal penile size in patients with hypospadias. World J Urol. 2016 Sep;34(9):1317-21.
  • Moriya K, Nakamura M, Nishimura Y, Kanno Y, Kitta T, Kon M, Shinohara N. Prevalence of and risk factors for symptomatic urinary tract infection after endoscopic incision for the treatment of ureterocele in children. BJU Int. 2017 Apr 22.