ホーム お知らせ 新着情報 広瀬貴行先生がアメリカ移植学会にてBest in Congress Posterに選ばれました!

広瀬貴行先生がアメリカ移植学会にてBest in Congress Posterに選ばれました!

2017年4月29日~5月3日にアメリカのイリノイ州シカゴで開催されたアメリカ移植学会で、広瀬先生のポスターが参加者の投票によりBest in Congress Posterに選ばれました。

 

広瀬先生よりコメント:
「Chicagoで4月29日から5月3日に開催されたAmerican Transplant CongressでBest in Congress Posterに選出されました。演題名はPercentage of CD19+ cells in peripheral blood as a predictor of AMR after rituximab treatment in ABOi-kidney transplantationで、ABO血液型不適合腎移植において、rituximabを投与してB細胞を除去した後で末梢血中のCD19陽性細胞をモニタリングすることで抗体関連型拒絶反応の予防の一助になるという内容です。今回同賞に選出されたことはとても嬉しく、光栄に感じております。これも指導していただいた教授篠原先生、岩見先生、堀田先生をはじめ、当教室員の皆様のお陰です。皆様に深く感謝申し上げます。これを励みに、さらに臨床、研究とも邁進していきたいと思います。」

 

一覧へ戻る